ブログ

(テスト)これまでも月の水は見つかっていた?

コラム 2019.05.14

はい。しかしそれはつい最近になってからのこと。かつては、月は全体がカラカラに乾ききっていると考えられていたが、アポロ時代のガラス粒子を2008年になって調べたところ、初めて水の痕跡が見つかった。

その後、月の水の発見が相次いだ。2009年にNASAは、さらなる水の痕跡を見つけるために、月の南極のクレーターにロケットと衛星を激突させる実験を行った。すると、水と水酸基(ヒドロキシ基)の存在を示す痕跡が見つかった。

2010年には、月で採取された岩石のさらに詳しい分析によって、アパタイトという鉱物から水の痕跡が見つかった。こうした経緯から地質学者らは、月が岩の中にたっぷりと水を隠し持っているのではないかと考え始めた。当時、地質学者のフランシス・マッカビン氏は、月の内部にある水をすべて取り出したなら、月面全体を覆う深さ1メートル弱の海ができるという推測を発表している。

はい。しかしそれはつい最近になってからのこと。かつては、月は全体がカラカラに乾ききっていると考えられていたが、アポロ時代のガラス粒子を2008年になって調べたところ、初めて水の痕跡が見つかった。

その後、月の水の発見が相次いだ。2009年にNASAは、さらなる水の痕跡を見つけるために、月の南極のクレーターにロケットと衛星を激突させる実験を行った。すると、水と水酸基(ヒドロキシ基)の存在を示す痕跡が見つかった。

2010年には、月で採取された岩石のさらに詳しい分析によって、アパタイトという鉱物から水の痕跡が見つかった。こうした経緯から地質学者らは、月が岩の中にたっぷりと水を隠し持っているのではないかと考え始めた。当時、地質学者のフランシス・マッカビン氏は、月の内部にある水をすべて取り出したなら、月面全体を覆う深さ1メートル弱の海ができるという推測を発表している。

記事一覧へ

ご注文・お問合わせ

0120-312-707

受付:平日9:00~18:00

096-200-7576

受付:24時間受付

メールでのご注文はこちら